歯列の一番奥に生える歯|トラブルに合わせた施術を受ける|歯科の選び方を知ることが重要

トラブルに合わせた施術を受ける|歯科の選び方を知ることが重要

歯医者

歯列の一番奥に生える歯

老人

トラブル防止のために

親知らずとは、成人する頃に歯列の一番奥の部分に生えてくる歯です。そしてこの親知らずを、多くの人が歯科で抜歯しています。なぜなら放置しておくことで、口腔内の様々なトラブルが引き起こされる可能性があるからです。具体的には、歯列の一番奥ということで歯磨きが難しい分、食べかすがたまりやすいのです。これにより、口臭や虫歯が生じやすくなります。しかも虫歯の場合は、自分で鏡で確認することが難しいため、放置によって悪化することが多々あるのです。また、親知らずが生えてくることで手前の歯が押され、歯列が変化することもあります。そのため親知らずは、トラブルが起こる前に抜歯する方が良いとされています。早めに抜歯することで、上記のトラブルは全て防がれやすくなります。もちろん、トラブルの心配がない場合には、抜歯せずにそのまま使い続けることが可能です。

取り除くための方法

親知らずの抜歯は、通常はまずは麻酔をして、歯と歯茎との間にある歯根膜を切った上で、鉗子で引き抜くという方法でおこなわれます。しかし親知らずは、トラブルが起こっている場合あるいは起こりそうな場合には、生え始めの段階での抜歯が必要となることがあります。その場合は、親知らずが歯茎の内部に埋もれている状態ですから、まずは歯茎の切開からおこなわれます。切開により親知らずが露出したら、それを削りながら小さくしていき、歯茎の中から少しずつ取り除いていきます。そして完全に除去したら、消毒した上で歯茎を縫合するのです。親知らずは横向きに生えることもあるのですが、横向きだと鉗子での抜歯が困難なので、この場合も歯茎を切開した上で取り除くことになります。